白ナンバーにも飲酒検査義務化 千葉事故受け警察庁方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 警察庁は、「白ナンバー」(自家用)の車を業務で使う事業者に対し、運転者へのアルコール検知器による飲酒検査を義務づける方針を固めた。千葉県八街(やちまた)市で6月、小学生5人が白ナンバーのトラックにはねられて死傷した事故を受け、飲酒運転対策の強化を図る。

 現在の道路交通法では、事業者が車5台以上か、定員11人以上の車を保有している場合、「安全運転管理者」を選び、各公安委員会に届け出ることが義務づけ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集