特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

小沢一郎氏から新人へ「まずは君が動け」 金丸氏に学んだ選挙の心得

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金丸家の墓前で合掌する小沢一郎衆院議員=山梨県南アルプス市の慈眼寺で2021年8月4日午後0時57分、梅田啓祐撮影
金丸家の墓前で合掌する小沢一郎衆院議員=山梨県南アルプス市の慈眼寺で2021年8月4日午後0時57分、梅田啓祐撮影

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員が4日、山梨県内を訪れ「政界のドン」として名をはせ、恩師と慕う故金丸信・元自民党副総裁(1914~96年)の墓前で手を合わせた。小沢氏は旧民主党政権時代も、国政選挙前に金丸氏らを墓参。次期衆院選を控え、連続当選17回を誇るベテランは亡き師に必勝を誓うと同時に「もう一度政権を取らねばならない」と政権交代への意欲を語った。

 小沢氏はこの日、同党の新人候補予定者の応援や激励のため県内を訪問。墓参に先立ち、笛吹市で山梨2区の新人候補予定者に選挙のイロハを指南した。「自民党は権力を持って日常活動を徹底的にやっている。野党は権力の座にないのだからそれに負けないように運動量で勝たねばならない」「まずは君が朝から晩まで動け」などと、どぶ板選挙の心構えを説いた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文741文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集