欧米自動車大手7社、コロナ危機脱却 ワクチン接種進展背景に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)本社=米ミシガン州デトロイトで2019年1月、中井正裕撮影
米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)本社=米ミシガン州デトロイトで2019年1月、中井正裕撮影

 欧米の主要な自動車大手7社の2021年1~6月期決算が4日、出そろった。新型コロナウイルスワクチンの接種進展を背景に需要が回復。全7社が黒字を確保した。経営危機からの脱却が鮮明になった。

 コロナ禍によるサプライチェーン(供給網)の混乱が収束せず、各社とも半導体不足による減産を余儀なくされた。販売台数は追わず、利幅が大きい高級車や大型車に経営資源を集中。値引き販売の抑制も奏功した。

 ゼネラル・モーターズ(GM)のバーラ最高経営責任者(CEO)は「複雑で流動的な半導体不足への対応」を引き続き課題に挙げた。電気自動車(EV)の開発など、環境規制対応を巡る競争激化も焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文710文字)

あわせて読みたい

注目の特集