特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

医療は限界 五輪やめて 病院副院長が語った「憤怒」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立川相互病院の窓ガラスに掲示されている「院長憤怒 医療は限界 五輪やめて! もうカンベン オリンピックむり!」の張り紙。下を聖火ランナーが通る予定だった=東京都立川市で2021年8月2日午後4時41分、後藤由耶撮影
立川相互病院の窓ガラスに掲示されている「院長憤怒 医療は限界 五輪やめて! もうカンベン オリンピックむり!」の張り紙。下を聖火ランナーが通る予定だった=東京都立川市で2021年8月2日午後4時41分、後藤由耶撮影

 「医療は限界 五輪やめて! もうカンベン オリンピックむり!」、窓にそう掲げて話題になった立川相互病院(東京都立川市)。最近、「院長 憤怒」の文字が加わった。緊急事態宣言下でオリンピックが強行され、東京都の1日当たりの新型コロナウイルス感染者は4000人を突破。感染拡大に歯止めがかからない中、コロナ感染症と戦い続ける同病院を訪ねると、五輪開幕の翌日から急速に病床が逼迫(ひっぱく)しているという。黒木啓文副院長が語った「憤怒」の理由とは――。【上東麻子/デジタル報道センター】

五輪開催翌日から病床が逼迫

 ――東京都の1日当たりの感染者は4000人を超え、全国でも3日連続で1万人を超えて感染拡大が止まりません。病院の現状を教えてください。

 ◆昨年4月から今年7月までに349人のコロナ患者を受け入れていますが、7月中ごろから急増しました。7月はコロナだけの入院患者が57人で、最多だった昨年12月の49人を上回りました。東京五輪が開幕した翌日の7月24日から、23床あるコロナ病床はずっと満床状態で、8月3日から15床増やしました。2人出ればその日に2人入ってくるペースです。ベッドがない分はお断りせざるを得ない状況が続いています。

 患者の年代は20代、30代が多く、50代まで。デルタ株も増えており、重症になる方は急激に悪化します。現在、気管挿管して呼吸管理している方が1人、さらに危ない方が1人。人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使える病院に送ろうとしましたが、満床で断られています。当…

この記事は有料記事です。

残り3239文字(全文3887文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集