特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ボクシング並木月海「あと3年努力すれば金メダル取れるのかな」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子フライ級準決勝 二回、ブルガリアのストイカジェリャスコバ・クラステバ(左)を攻める並木月海=両国国技館で2021年8月4日、梅村直承撮影
女子フライ級準決勝 二回、ブルガリアのストイカジェリャスコバ・クラステバ(左)を攻める並木月海=両国国技館で2021年8月4日、梅村直承撮影

 東京オリンピックは第13日の4日、ボクシング女子フライ級準決勝が両国国技館で行われ、並木月海(22)=自衛隊=がストイカジェリャスコバ・クラステバ(ブルガリア)に0―5で判定負けし、3位決定戦がないため銅メダルが決まった。

 取材エリアに現れた並木は目を真っ赤にして、涙が止まらなかった。「率直に悔しいという気持ちが大きい。自分のテンポに持ってこられなかったのが考えられる原因」と声を振り絞った。

 身長で12センチ上回り、リーチも長い35歳のクラステバの術中にはまった。153センチの並木は軽やかなステップを踏んでから相手の懐に飛び込み、パンチを繰り出す。しかし、逆にカウンターを決められた。相手は2012年ロンドン五輪5位と経験も豊富だった。並木は「もっとぐちゃぐちゃでいいから開き直って戦えたら良かった……」と悔やんだ。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文669文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集