特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

川井梨紗子、金メダル王手 吉田沙保里の4連覇阻んだ相手に勝利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レスリング女子57キロ級準決勝、米国のヘレン・マルーリス(後方)を破って決勝進出を喜ぶ川井梨紗子=幕張メッセAホールで2021年8月4日、徳野仁子撮影
レスリング女子57キロ級準決勝、米国のヘレン・マルーリス(後方)を破って決勝進出を喜ぶ川井梨紗子=幕張メッセAホールで2021年8月4日、徳野仁子撮影

 東京オリンピック第13日は4日、レスリング女子57キロ級準決勝が千葉・幕張メッセで行われ、2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(26)=ジャパンビバレッジ=が前回大会53キロ級金メダルのヘレン・マルーリス(米国)を破って5日の決勝進出を決め、銀メダル以上が確定した。

 互いに攻め手を欠いて、消極的な姿勢を注意されたことによる得点のみ。内容としては物足りないが、川井梨は「結果が今は一番大事。感覚はよかった」と、自ら連覇に王手をかけたことを評価した。

 5年前、大学の先輩でもあり尊敬する吉田沙保里の4連覇を阻んだ相手を前にしても、川井梨は落ち着いていた。パワーが持ち味の相手にも「いつも組んでいるパートナーの方が圧があると一瞬で感じた。これは6分間、自分が押し続けられるなと思った」という。試合を通じてマルーリスをマット際まで押し込む場面が多く、相手の技を封じた。集中力は研ぎ澄まされていた。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文897文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集