特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪記者・内幕リポート

聖火最終走者 大坂抜てき、狙い伝わったか 開催に賛否、現役選手に託す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖火台へ点火した最終走者の大坂なおみ=国立競技場で2021年7月23日午後11時48分、久保玲撮影
聖火台へ点火した最終走者の大坂なおみ=国立競技場で2021年7月23日午後11時48分、久保玲撮影

 なぜ、現役アスリートなのか気になった。東京オリンピック開会式の聖火リレーで、最終走者として点火役に選ばれたのは、テニスの大坂なおみ(日清食品)。出場する現役アスリートが最終走者になるのは異例で、翌日から始まる競技の出場者も珍しい。

 今春、最終走者という大役の選考は大詰めを迎えていた。大会組織委内でも数人しか関わらないとされる極秘事項だ。約3年にわたって議論を重ねてきたが、その過程で起きたのは、新型コロナウイルスによる大会の1年延期。「3年前と、この1年では候補者リストはがらっと変わった」と大会関係者は振り返る。

 過去のランナーをひもとくと、スポーツの発展に貢献している人やオリンピアンでなくても、世界的に有名なアスリートが選ばれており、引退直後の人が選考される確率は高い。現役アスリートにするのか、引退直後の元アスリートに託すのか――。最終走者を絞り込む上でのテーマは「新時代の幕開け」だった。

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1805文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集