特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

セーリング男子470級 岡田選手、7位入賞に拍手 予選の順位を上げ 唐津で練習する後輩の希望に /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県ヨットハーバーでテレビに向かって、6位でゴールし総合7位入賞を果たした岡田・外薗艇に拍手を送る高校生ら
県ヨットハーバーでテレビに向かって、6位でゴールし総合7位入賞を果たした岡田・外薗艇に拍手を送る高校生ら

 東京オリンピックのセーリング男子470級最終レースに臨んだ県立唐津西高卒業生、岡田奎樹(けいじゅ)選手(25)の応援会が4日、唐津市二タ子の県ヨットハーバーで開かれ、生放送のテレビに向かって後輩ら約50人がマスク越しに声援を送った。7位入賞に、主催した県ヨット連盟の井上宏専務理事は「先輩の活躍は、子供たちの希望や夢になる」とたたえた。

 福岡県出身の岡田選手は、女子470級銀メダリストで同ハーバー職員の重由美子さん(2018年死去)から指導を受けるため、唐津西高に進学。ヨット部と玄海セーリングジュニアクラブに所属し、唐津湾で練習に励んだ。鹿児島県出身の外薗潤平選手(30)と組んで五輪に初出場。上位10艇による最終レースに進んだ。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文542文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集