特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

スケボー 女子パーク 四十住が金 12歳開、日本最年少銀 レスリング、川井友が金

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
スケートボード女子パーク決勝で優勝し笑顔の四十住さくら(右)と2位の開心那=有明アーバンスポーツパークで4日、宮間俊樹撮影
スケートボード女子パーク決勝で優勝し笑顔の四十住さくら(右)と2位の開心那=有明アーバンスポーツパークで4日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック第13日は4日、新競技スケートボード女子パークが有明アーバンスポーツパークで行われ、四十住(よそずみ)さくら(19)=ベンヌ=が金メダルを獲得した。日本の金メダルは20個目。女子種目は10個になり、2004年アテネ五輪の9個を抜いて史上最多となった。

 夏季五輪で日本選手史上最年少出場を果たした開心那(ひらきここな)(12)=WHYDAH GROUP=は銀メダル。日本人の母を持つ英国代表のスカイ・ブラウン(13)が銅メダルに輝き、岡本碧優(みすぐ)(15)=MKグループ=は4位に入った。

 レスリング女子62キロ級は初出場の川井友香子(23)=ジャパンビバレッジ=が金メダルを獲得した。女子57キロ級は前回63キロ級金メダルで、川井友の姉の川井梨紗子(26)=ジャパンビバレッジ=が5日の決勝進出を決め、銀メダル以上が確定した。姉妹金メダリストは夏季五輪で日本勢初。川井梨は同一大会での姉妹金メダルを狙う。ボクシング女子フライ級は準決勝で並木月海(つきみ)(22)=自衛隊=が敗れ、銅メダ…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1443文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集