ホンダ販売台数、15万台引き下げ 22年3月期見通し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ホンダは4日、世界的な半導体不足などの影響で、2022年3月期の自動車の世界販売見通しを485万台と、従来計画から15万台引き下げた。連結業績予想は販売費などのコスト削減効果を踏まえて上方修正し、最終(当期)利益を従来の5900億円から6700億円に、売上高も15兆2000億円から15兆4500億…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集