特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

点字毎日 東京パラで輝け52人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本パラリンピック委員会(JPC)は7月12日、東京パラリンピックの日本代表選手を二次発表した。同2日の一次発表分と合わせて、全22競技で248人(男子144人、女子104人)の出場が決定した。選手総数は、過去最多だった2004年アテネの163人を大きく上回る。JPCによると、7月中に三次発表までを終える予定という。

 主将は車いすテニス男子の国枝慎吾、副主将はゴールボール女子の浦田理恵が務め、開会式で選手団を先導する旗手には、男子は卓球の岩渕幸洋(こうよう)、女子はトライアスロンの谷真海(まみ)に決まった。最年長は陸上の西島美保子(66、視覚障害)、最年少は競泳の山田美幸(14、運動機能障害)。このほか、2回の発表で「競技パートナー」22人、「コーチ・スタッフ」145人、「選手団役員・本部スタッフ」22人も合…

この記事は有料記事です。

残り2348文字(全文2708文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集