特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

女子400mリレー、日本は予選敗退 日本記録に迫るタイムで健闘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子400メートルリレー予選、第3走者の斎藤愛美(中央奥)からバトンを受けて走るアンカーの鶴田玲美=国立競技場で2021年8月5日、久保玲撮影
女子400メートルリレー予選、第3走者の斎藤愛美(中央奥)からバトンを受けて走るアンカーの鶴田玲美=国立競技場で2021年8月5日、久保玲撮影

 東京オリンピック第14日の5日、東京・国立競技場で陸上の女子400メートルリレー予選があり、日本(青山、児玉、斎藤、鶴田)は43秒44の1組7着で敗退した。2大会ぶりの出場で、日本記録(43秒39)に0秒05差に迫ったが、決勝進出はならなかった。

 レース後の各選手の主な談話は次の通り。

 第1走者・青山華依 初めてのオリンピックで楽しく走れたのではないかと思う。自分の走りにも納得がいって、うれしいです。

 第2走者・児玉芽生 青山だけを見て冷静にうまく出て、しっかりと自分の走りができた。ここに至るまでにたくさんの方々に支えられてきたので、自信を持って走れた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文522文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集