特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

卓球女子団体 リオから5年、王国に挑む日本「ミレニアム世代」 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-中国】女子団体決勝、第1試合のダブルスで得点を奪い喜ぶ平野美宇(中央)、石川佳純(左)組=東京体育館で2021年8月5日、宮間俊樹撮影
【日本-中国】女子団体決勝、第1試合のダブルスで得点を奪い喜ぶ平野美宇(中央)、石川佳純(左)組=東京体育館で2021年8月5日、宮間俊樹撮影

 どこまで卓球王国との差は縮まっているのか、果たして乗り越えられるのか。卓球女子団体で3大会連続のメダルを確定させた日本が決勝で挑んだのは、この種目が採用された2008年北京五輪から3連覇中の中国だ。

 日本に活路があるとすれば「ミレニアム世代」と呼ばれる00年生まれの2人の成長だ。平野が17年アジア選手権で中国のトップ選手を立て続けに破って優勝すれば、伊藤は18年の世界選手権の団体決勝で元世界ランキング1位の劉詩雯を破り、慌てさせた。伊藤はこの年、国際大会で中国のトップ選手を相次いで撃破。中国メディアから「大魔王」と呼ばれ、要警戒のエースとなった。

 「危ないと思っている選手を本当に危なくしてあげようと思っている。中国選手をハラハラ、ドキドキさせたい」。自信を深める伊藤だったが、シングルスの準決勝では同世代の孫穎莎にストレートで敗れた。決勝は雪辱の舞台でもある。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文822文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集