特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

「亮明、銅 ナイスファイト」 田中選手、ボクシング準決勝敗退 家族ら20人エール /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
田中亮明選手の試合をテレビで観戦し、拍手で銅メダル獲得をねぎらう父の斉さん(前列左)や弟の恒成さん(前列中央)ら=岐阜県多治見市役所で2021年8月5日、黒詰拓也撮影
田中亮明選手の試合をテレビで観戦し、拍手で銅メダル獲得をねぎらう父の斉さん(前列左)や弟の恒成さん(前列中央)ら=岐阜県多治見市役所で2021年8月5日、黒詰拓也撮影

多治見でTV観戦 家族ら20人エール

 東京オリンピックは5日、中京高(瑞浪市)教諭で、ボクシングフライ級代表の田中亮明選手(27)が準決勝でフィリピン代表と対戦、0―5で判定負けした。3位決定戦は行われないため、田中選手は銅メダルを獲得。地元の多治見市の市役所では家族と後援会メンバーら約20人がテレビで観戦しながらエールを送り、劣勢になりながらも最後まで攻め続けた田中選手の健闘をたたえた。

 1回戦から準々決勝までの3試合で序盤から積極的にパンチを繰り出してきた田中選手。この日も試合開始直後から攻め、相手の体にパンチが決まると、後援会のメンバーは「ナイスボディー」と拍手した。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文652文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集