特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

きょう原爆の日 NPT再検討へ「広島から発信を」 国連の中満泉さん、松井市長と懇談 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一実市長(右)と懇談する国連軍縮担当上級代表の中満泉さん=広島市役所で、添島香苗撮影
松井一実市長(右)と懇談する国連軍縮担当上級代表の中満泉さん=広島市役所で、添島香苗撮影

 広島原爆の日の平和記念式典参列のため広島市を訪れた国連軍縮担当上級代表、中満(なかみつ)泉さんが5日、松井一実市長と市役所で懇談した。国連のグテレス事務総長の代理で、2020年に続き5回目の参列。

 中満さんは軍縮の状況について、2月に米露が新戦略兵器削減条約(新START)の5年延長で合意するなど…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集