特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆時刻の写真募集 小川さん 被写体や場所問わず /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「8月9日午前11時2分にシャッターを切ろう!」。長崎原爆の記憶の風化を防ぐ企画「忘れないプロジェクト」代表の被爆者、小川忠義さん(77)=長崎市=は、原爆がさく裂した8月9日午前11時2分に写真を撮影し、送ってほしいと呼び掛けている。10月からナガサキピースミュージアム(長崎市)で展示する。

 2009年に始め13回目。募る写真は被写体や場所を問わず、スマートフォンでの撮影も可。昨年は…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集