特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

男子50キロ競歩・丸尾知司 「良い弟で兄」のメダリストとの絆

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
壮行会参加者と記念写真に収まる山西利和選手(右)と丸尾知司選手(中央)=愛知県東海市芸術劇場で2021年6月25日、黒尾透撮影
壮行会参加者と記念写真に収まる山西利和選手(右)と丸尾知司選手(中央)=愛知県東海市芸術劇場で2021年6月25日、黒尾透撮影

 東京オリンピックは第15日の6日、陸上の男子50キロ競歩が札幌市の周回コースであり、丸尾知司(29)=愛知製鋼=が出場した。

 丸尾には「いい弟であり、時に兄に見える」存在がいる。

 ともに京都府出身で同じ企業に所属し、実家の最寄り駅まで同じ。それは5日の男子20キロ競歩で銅メダルを獲得した山西利和だ。4学年下のライバルとともに高め合い、飛躍へとつなげてきた。

 丸尾が東京五輪代表を決めた今年4月の日本選手権男子50キロ競歩(石川県輪島市)。コース脇には山西が立ち、「練習通りですよ」とアドバイスを送っていた。一度は先頭から離されながらも逆転優勝を果たした丸尾は、「レース中も山西君の声が聞こえ、何度も練習を思い出した」と感謝の言葉を述べた。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文937文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集