特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

須崎優衣「改めて金メダル欲しいと思った」川井梨紗子から刺激

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
レスリング女子50キロ級で決勝進出を決め喜ぶ須崎優衣=幕張メッセAホールで2021年8月6日、徳野仁子撮影
レスリング女子50キロ級で決勝進出を決め喜ぶ須崎優衣=幕張メッセAホールで2021年8月6日、徳野仁子撮影

 東京オリンピック第15日は6日、レスリング女子50キロ級準決勝が千葉・幕張メッセAホールで行われ、初出場で今大会で日本選手団の旗手を務めた須崎優衣(22)=早大=がマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)を破って7日の決勝に進出し、銀メダル以上を確定させた。

 1回戦から3試合連続で10点差以上のテクニカルフォール勝ちに加えていずれも無失点。完璧な試合内容であっさりとメダルを確定させた須崎は「練習してきたことを出し切れている」と満足そうに振り返った。

 準決勝のスタドニクは五輪3大会連続で表彰台に上がっている世界女王だ。手を取られると一気に攻め込んでくる相手に対し、第1ピリオドは様子を見た。「肌を合わせて、これはいけると思った」と須崎。第2ピリオドから積極的に攻めに転じ、きれいながぶり返しからの連続技で一気に試合を決めた。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文641文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集