「金栗四三」ゆかりの品々 五輪・パラに合わせ特別展示 写真や掛け軸など 玉名 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金栗四三の掛け軸(左)と嘉納治五郎の掛け軸。いずれも「精神一到何事不成(精神を集中すればできないことはない)」と大書されている
金栗四三の掛け軸(左)と嘉納治五郎の掛け軸。いずれも「精神一到何事不成(精神を集中すればできないことはない)」と大書されている

 熊本県和水町出身で日本人初の五輪選手、金栗四三(かなくりしそう)(1891~1983年)のゆかりの品々を展示している「金栗四三の住家・資料館」(同県玉名市上小田)で、東京オリンピック・パラリンピックに合わせた特別展示が開催されている。9月5日まで。

 「日本マラソンの父」と呼ばれる金栗は、1912年のストックホルム五輪に日本選手として初…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

注目の特集