特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン、アフガンの2州都を制圧 政府要人への襲撃も相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
メナパル氏がタリバンに襲撃された車=アフガニスタンの首都カブールで2021年8月6日、AP
メナパル氏がタリバンに襲撃された車=アフガニスタンの首都カブールで2021年8月6日、AP

 アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは、6日にイランと国境を接する南西部ニムルズ州の州都ザランジを、7日には北部ジョズジャン州の州都シェベルガンを相次いで制圧したと明らかにした。駐留米軍が4月に撤収を始めて以降、タリバンの州都制圧は初めて。

 ロイター通信によると、タリバンの報道担当者は6日、ツイッターに「ザランジを解放し、知事公舎や警察施設などを制圧した」と投稿。現地の警察関係者は「西側諸国の支援を受けた政府の援軍がないため陥落した」と説明した。

 シェベルガンはドスタム前第1副大統領の地盤だが、州高官はAFP通信に7日、タリバンに制圧され、「軍や当局者らは空港に撤退した」と述べた。タリバンはシェベルガンにある刑務所も制圧したとしており、ソーシャルメディア上では、囚人とみられる数百人規模の人々が刑務所を離れる動画が拡散している。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文610文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集