特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

感染経路や濃厚接触者調査を一部中止 埼玉県、保健所業務の逼迫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、埼玉県は6日、保健所が感染経路や濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」の一部を一時的に同日から取りやめたと発表した。感染者の急増で業務が逼迫(ひっぱく)しているため。大野元裕知事は報道陣に「今までこれを諦めたことはなかったが、重点化したい」と話した。また、病床使用率(5日現在)が60%に達し、基礎疾患や年齢を点数化して入院の優先度を判断する体制に移行したことも明らかにした。

 県によると、積極的疫学調査は入院調整に必要な項目や陽性者との接触歴などに絞る。行動履歴の調査はやめ、濃厚接触者の調査は同居人、家族、高齢者施設や病院などに限定。職場での接触者に対しては各企業に拡大検査を指導するにとどめる。入院調整を最優先するための一時的な措置とする。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文572文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集