北九州市にポケモンマンホール登場 「ポケストップ」に登録へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
お披露目された「ポケふた」5枚と記念撮影するピカチュウ=北九州市小倉北区城内の小倉城庭園で2021年8月7日午前11時16分、成松秋穂撮影
お披露目された「ポケふた」5枚と記念撮影するピカチュウ=北九州市小倉北区城内の小倉城庭園で2021年8月7日午前11時16分、成松秋穂撮影

 人気ゲーム「ポケットモンスター(ポケモン)」に登場するキャラクターが描かれたマンホールの蓋(ふた)「ポケふた」が、北九州市内の5カ所に設置される。北部九州で初めて。

 ポケふたは、2018年12月に鹿児島県指宿市に人気キャラクター「イーブイ」などのマンホール蓋が設置されたのを皮切りに、21年7月末までに17都道府県に計193枚が設置されてきた。直径63センチで、一枚一枚が世界に一つだけのオリジナルデザイン。今回は北九州市上下水道局から応募を受け、ポケモンブランドを管理・プロデュースする株式会社ポケモン(東京)が寄贈した。

 北九州市に設置される5枚には「てつヨロイポケモン」の「ボスゴドラ」など計8種類のキャラクターがデザインされている。ポケモン社の担当者は選定理由について「想像しながら楽しんで」と明らかにしていないが、首にバナナのような果物をつけたフルーツポケモンの「トロピウス」をあしらったポケふたがバナナのたたき売り発祥の地とされる門司区に置かれたり、金色に輝くひげをなびかせた、もぐらポケモンの「ダグトリオ アロ…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文1001文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集