特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

攻めすぎたバトン 男子400メートルリレー・日本がミスした背景とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子400メートルリレー決勝、第1走者の多田修平(左)からバトンを受ける第2走者の山県亮太に渡し損ねる=国立競技場で2021年8月6日、宮間俊樹撮影
男子400メートルリレー決勝、第1走者の多田修平(左)からバトンを受ける第2走者の山県亮太に渡し損ねる=国立競技場で2021年8月6日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック第15日の6日、東京・国立競技場で陸上の男子400メートルリレー決勝があり、日本(多田、山県、桐生、小池)はバトンミスで棄権し、メダル獲得はならなかった。

 勢いよく飛び出した第1走者の多田が、第2走者の山県に向けて腕を伸ばした。日本が得意のバトンパス、のはずだった。山県にバトンが渡らず、受け渡しを終えなければならないテークオーバーゾーンを超えた。日本の金メダルを狙った戦いは、あっけなく終わった。第3走者の桐生はぼうぜんと立ち尽くし、アンカーの小池は頭を抱えるしかなかった。

 日本のリレーの最大の特徴は、海外勢との走力差を補う「切り札」として採用する「アンダーハンドパス」。受け手が手のひらを下に向け、渡す側が下から上へバトンを入れる。2人が近づくためバトンが渡らないリスクが減る技術だ。しかし、この夜はお互いの距離感が合わず、多田の腕が伸びきってオーバーハンドのようになり、それでも届かなかった。

 山県はミスの理由について…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文999文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集