特集

ニュース|東京オリンピック

東京オリンピックに関するニュースです。

特集一覧

五輪記者内幕リポート

ミライトワ、どこに消えた? 米紙が「地味な存在」と酷評

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪開会式前にオーストリアの選手団と記念撮影するミライトワ(中央)=ミライトワ公式インスタグラムから
東京五輪開会式前にオーストリアの選手団と記念撮影するミライトワ(中央)=ミライトワ公式インスタグラムから

 大会の顔は一体どこにいったのか。2018年2月に全国の小学生による投票で決まった東京オリンピックのマスコット。市松模様をあしらい、「未来」と「永遠(とわ)」を掛け合わせ、「ミライトワ」と命名された。「運動神経は抜群で、どんな場所にも瞬間移動できる」らしい。

 7月23日に国立競技場で行われた五輪の開会式。競技種目を表す絵文字「ピクトグラム」を表現した演出が話題となったが、最後までミライトワの姿を見ることはなかった。大会組織委員会の広報担当者は「本来は開会式前のプレショーに出演するはずでした。開会式が無観客となってプレショーは取りやめとなり、本番は行進する前の選手たちをバックヤードで送り出していました」と言う。

 開会式にマスコットが登場しなければいけないという決まりはなく、各大会の演出に委ねられている。確かに、SNS(ネット交流サービス)には各国・地域の選手とミライトワが一緒に撮った楽しげな写真が投稿されていた。

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1690文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集