特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリンピック最終日は「10人で笑顔」 新体操フェアリージャパン決勝へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
団体予選でボールの演技をする日本代表「フェアリージャパン」=有明体操競技場で2021年8月7日、宮間俊樹撮影
団体予選でボールの演技をする日本代表「フェアリージャパン」=有明体操競技場で2021年8月7日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックは第16日の7日、新体操の団体総合予選があり、日本(杉本、松原、熨斗谷=のしたに、竹中、鈴木)は2種目合計79・725点で7位となり、上位8チームによる8日の決勝に進んだ。

 緊張からかミスが相次ぎ、予選敗退も脳裏にちらついていたのだろう。決勝進出が確定すると、日本代表「フェアリージャパン」の選手たちは涙を浮かべて手を取り合った。こわ張ったままだった顔に、安堵(あんど)感がにじんだ。

 最初のボールではぴったり息の合ったターンを見せたが、熨斗谷が脚で受けようとした手具がはじかれて場外へ。巻き返そうと臨んだ2種目めのフープ・クラブでも、終盤の手具交換の際にフープが場外に出てしまい、減点された。力を出し切れぬまま演技を終えると、ライバル国の得点を祈りながら待つしかなかった。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文919文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集