ファスト映画摘発で感謝状 映画5団体、県警に /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構の後藤健郎代表理事(左)から感謝状を受け取る赤間博之生活安全課長=宮城県警の塩釜署で2021年8月4日、面川美栄撮影
一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構の後藤健郎代表理事(左)から感謝状を受け取る赤間博之生活安全課長=宮城県警の塩釜署で2021年8月4日、面川美栄撮影

 映画の内容を10分ほどに無断編集したファスト映画の制作者が全国で初めて摘発されたことを受け、映画関連の5団体は4日、捜査に当たった県警生活環境課と塩釜署に連名の感謝状を贈った。

 一般社団法人「コンテンツ海外流通促進機構」によると、ファスト映画はこの1年間に、少なくとも55アカウントから動画投稿サイ…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集