特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

レスリング女子53キロ級・向田真優選手 誓い通りの金、胸熱く 子ども時代の恩師・宇野勝彦さん語る /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
向田真優選手が宇野勝彦さんに贈った色紙=三重県四日市市で2020年1月
向田真優選手が宇野勝彦さんに贈った色紙=三重県四日市市で2020年1月

 「目標 オリンピックに出て金メダルをとること」。四日市市のレスリング道場に飾られた色紙は、女子53キロ級の向田真優選手(24)が子ども時代の恩師宇野勝彦さん(69)へ書いたものだ。世界選手権出場経験のある宇野さん自身も、かつて五輪を目指した。誓い通り、6日の決勝を制したまな弟子の姿に「本当に強い意志。たいしたものだ」と胸を熱くする。

 宇野さんが監督を務める「四日市ジュニアレスリングクラブ」に、向田選手が入ったのは5歳の時。「身体能力が高くて力も強かった。『見て覚えて』と言うと、だいたいすぐできた」。目を見張ったのは「教えることができない天性の『勝負勘』。強くなるだろう」。思った通り、小学3年から全国大会を4連覇した。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文697文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集