連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

親世代の戦争体験 過去に目を開く回路に=梯久美子・ノンフィクション作家

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=西夏生撮影
=西夏生撮影

 昨年の夏、本紙の連載「清六の戦争」を欠かさず読んでいた。太平洋戦争末期、フィリピンの洞窟でガリ版刷りの新聞を作り続け、最後は餓死した東京日日新聞の記者・伊藤清六の足跡を追ったルポで、今年6月に書籍化されている。

 東京日日新聞は毎日新聞の前身で、清六は執筆した伊藤絵理子記者にとって曽祖父の弟にあたる。

 戦時統制下で清六は戦意高揚の記事を書いた。同じく新聞社という組織に属する伊藤記者は、自分ならどうしたかと、記者としての倫理を問い直さざるを得なくなる。それは現代を生きる「いま、この自分」に関わる問いである。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1674文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集