シンクロ経験と勇気 海底の高2を素潜り救助 37歳主婦に感謝状

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
唐津海保の林亮治部長(右)から感謝状を受け取った中山まゆこさん=佐賀県唐津市で、峰下喜之撮影
唐津海保の林亮治部長(右)から感謝状を受け取った中山まゆこさん=佐賀県唐津市で、峰下喜之撮影

 福岡県糸島市の芥屋(けや)海水浴場で溺れた男子高校2年生(17)を救助したとして、唐津海上保安部は6日、福岡市東区の主婦、中山まゆこさん(37)に感謝状を贈った。シンクロナイズドスイミングの経験を生かし、約2メートルの海底に沈んだ男子生徒を素潜りで引き上げ、呼吸の気道を確保して浜まで運んだという。

 唐津海保の林亮治部長は「勇気と迅速的確な判断、卓越した救助技術で未来ある高校生の命を救った」とねぎらった。

 男子生徒は7月23日、同県小郡市から海水浴場に来て、約40メートルの沖合で高校生の友人2人と浮輪で遊んでいたという。午前10時50分ごろ、10メートルほど離れて、実母と次男(5)、三男(3)と一緒だった中山さんは「溺れたー」との叫び声を聞き、顔を上げたクロールで駆け付けた。友人から「この真下です」と教えられ、海中に黒い人影を確認。麦わら帽子とサングラスを外して潜り、うつぶせになった男子生徒の水着…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文724文字)

あわせて読みたい

ニュース特集