長崎原爆の日 平和公園で祈念式典 投下時刻に黙とう

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
降りしきる雨の中、平和祈念像の前に立つ人たち=長崎市の平和公園で2021年8月8日午後4時26分、矢頭智剛撮影
降りしきる雨の中、平和祈念像の前に立つ人たち=長崎市の平和公園で2021年8月8日午後4時26分、矢頭智剛撮影

 米軍が長崎市に原爆を投下して76年の9日、同市松山町の平和公園で平和祈念式典が開かれる。核兵器開発などを全面的に禁じる核兵器禁止条約が今年1月に発効して初めての式典で、菅義偉首相が就任後初めて参列する。条約や、国が被爆認定していない「被爆体験者」救済を巡る首相の発言に注目が集まる。参列者は原爆投下…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

あわせて読みたい

ニュース特集