サッカーJ2 レノファ 8800万円債務超過 昨年度決算 CFで運営費など募る コロナが影響 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
試合会場に設けられたクラウドファンディングの受付窓口=山口市の維新みらいふスタジアムで2021年7月11日午後6時17分、林大樹撮影
試合会場に設けられたクラウドファンディングの受付窓口=山口市の維新みらいふスタジアムで2021年7月11日午後6時17分、林大樹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は、サッカーJ2・レノファ山口の運営にも影を落としている。チームは15位で、東京オリンピック開催で中断していたJリーグは9日再開するが、感染収束が見通せない中、チーム強化の資金獲得など上位浮上への道のりは険しい。【林大樹】

 「債務超過を解消することが大前提になっている」。レノファ山口の河村孝社長(53)は7月9日、山陽小野田市で記者会見し、厳しい経営状況を説明した。2020年度決算では、約1億3800万円の赤字を計上し、債務超過額は約8800万円に上った。感染拡大による無観客試合や入場者数の上限が設定されたことなどから、収入源の一つであるホームゲームのチケット収入が前年度の半分以下となる約1億円に落ち込んだのが響い…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文816文字)

あわせて読みたい

注目の特集