四国の景気判断 7月は据え置き 財務局 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 四国財務局は全国財務局長会議で四国4県の7月の景気判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に弱さがみられるものの、持ち直しつつある」と報告し、前回(4月)の判断を据え置いた。

 項目別では、個人消費はスーパーが堅調な一方、観光業が低調で「持ち直しのテンポが緩やかになっ…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

あわせて読みたい

注目の特集