ブシュカン吟醸に酔う 四万十市の酒屋、リキュール開発 120本、2日で売り切れ /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ブシュマロ」人気の手応えを語る佐野店長=四万十市中村天神橋の酒蔵ことぶき屋で2021年7月29日、上野力撮影
「ブシュマロ」人気の手応えを語る佐野店長=四万十市中村天神橋の酒蔵ことぶき屋で2021年7月29日、上野力撮影

 四万十市中村天神橋の酒屋「酒蔵 ことぶき屋」が市特産のブシュカンを使ったリキュールを開発した。7月に120本を発売すると2日で売り切れるほどの人気を呼び、製造に追われている。【上野力】

 リキュール「四万十ぶしゅかん吟醸 BUSHUMARO(ブシュマロ)」は、四万十川支流の黒尊川の水と酒米・土佐錦で仕込んだ吟醸酒にブシュカンの果汁を加えたもので、豊かな香りとまろや…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

注目の特集