連載

星空と宇宙

星空と宇宙の美しさを写真記者がお届けします。

連載一覧

星空と宇宙

流れ星に願いを ペルセウス座流星群、12日夜にピーク

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
天の川のそばに流れるペルセウス座流星群の流れ星=静岡県西伊豆町の黄金崎で2020年8月12日、手塚耕一郎撮影(ISO4000、13秒露光)
天の川のそばに流れるペルセウス座流星群の流れ星=静岡県西伊豆町の黄金崎で2020年8月12日、手塚耕一郎撮影(ISO4000、13秒露光)

 8月12日の夜から13日未明にかけて、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。ちょうど夏休みの最中で、毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。今年のペルセウス座流星群は、予想極大時刻が13日午前4時すぎ。月光の影響もなく、夜半から夜明け前にかけて流星数が増加しそうです。国立天文台は8年に1度の好条件だと公表しています。前後数日は見られますので、ぜひ好天を期待したいと思います。写真連載企画「星空と宇宙」。第2回のテーマは「流れ星(流星)」です。【手塚耕一郎】

この記事は有料記事です。

残り1890文字(全文2125文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集