影響力が大きな論文の数 日本、過去最低10位 中国が初の首位

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
文部科学省=東京都千代田区で
文部科学省=東京都千代田区で

 世界で2017~19年に発表された自然科学分野の学術論文のうち、他の論文に引用された回数が上位10%に入る影響力の大きな論文の数で、日本は過去最低の世界10位に後退したとの分析結果を文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が10日、公表した。一方、中国は分析開始以来初めて、米国を抜いて世界1位となった。

 NISTEPは全世界で17~19年に発表された論文を対象に、国別の論文数の年平均値を算出した。複数の国の研究者による共著論文は国ごとの貢献度を分数で数えた。論文総数では、中国が35万3174本で2年連続の1位。米国28万5717本、ドイツ6万8091本と続き、日本は6万5742本の4位をキープした。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文967文字)

あわせて読みたい

注目の特集