特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

赤木ファイルが「告発」した新たな真実 キーマンが語った舞台裏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自殺した赤木俊夫さんが「赤木ファイル」の最初にとじていた、財務省側から近畿財務局に転送された内部メール。野党議員から提出要求された決裁文書の隠蔽(いんぺい)を示唆する内容などが記載されていた
自殺した赤木俊夫さんが「赤木ファイル」の最初にとじていた、財務省側から近畿財務局に転送された内部メール。野党議員から提出要求された決裁文書の隠蔽(いんぺい)を示唆する内容などが記載されていた

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省の決裁文書改ざんを苦に自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)が残した「赤木ファイル」。改ざんの詳しい経緯ばかりに目を奪われがちだが、ファイル冒頭には財務省のもう一つの不正を裏付ける「新証拠」のメールもとじられていた。赤木さんはなぜこの文書を残したのか。その答えを探し、メールで名指しされたキーマンを訪ねた。(後段でインタビュー内容を詳報)

 ファイルは6月22日、国が赤木さんの妻雅子さん(50)の求めに応じる形で開示した。改ざんの経緯が時系列にまとめられた備忘記録に加え、本省と財務局で交わされた計約40通の電子メールが含まれ、佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(当時)の「直接指示」を伝えるメールも保存されていた。

 しかし、518ページに及ぶファイルの最初にとじられていたのは改ざんのやり取りと一見関係のない1通の「告発メール」だった。

転送された「資料の隠蔽示唆」

 メールは2017年2月16日午後11時16分、赤木さんら数人の財務局職員に本省側から転送されたものだ。タイトルは「FW:近畿財務局の決裁のコピー」。元の差出人は理財局の課長補佐で、転送の15分前に局幹部らに送信していたことがうかがえる。送信日時をペンで囲むような印が残されており、赤木さんがこのメールのコピー後に強調したとみられる。

 本文は、学園との国有地取引に関する資料を要求していたある野党議員への対応方針を示していた。

 課長補佐はまず、「森友への貸付の決裁」「森友への売却の決裁」「その他、森友関連の部長以上の決裁」など計4種類の文書について、交渉に当たった財務局から取り寄せるよう求められていると説明。要求に対する対応を「宿題返し」と表現し、こう続けた。

 「議員に持っていくつもりはまったくなく」「仮に物を出せと言われたら、近畿(財務局)に探させているけどなかなか…と引き取る(実害がなさそうなら、追って提出)」。野党の要求資料の隠蔽(いんぺい)をほのめかし、国会質問の妨害を画策する内容だった。

「局長に方針説明」組織ぐるみの理財…

この記事は有料記事です。

残り3874文字(全文4755文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集