「分散型金融」仮想通貨、660億円流出か サイバー攻撃で過去最大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 「分散型金融」と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)サービスを手掛けるポリ・ネットワークは10日、サイバー攻撃を受けて仮想通貨が不正に流出したと発表した。米メディアによると流出額は約6億ドル(約660億円)。2018年に仮想通貨交換業者のコインチェックから流出した580億円相当を上回り、過去最大になると伝えた。

 日本のブロックチェーン推進協会によると、現在まで一般の利用者の被害報告が見当たらないことなどから、流出した仮想通貨はポリ・ネットワークが保有していたとみられる。一部の仮想通貨はすでに凍結され、残りについても犯人側が返却の意思を示しているという。協会はサイバー攻撃の技術を誇示したかっただけではないかとの見方を示している。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集