連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

うつ病診断に新支援技術 脳の活動をAIで解析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
fMRIで脳活動を調べる様子(ATR提供)
fMRIで脳活動を調べる様子(ATR提供)

 人によってさまざまな症状があるうつ病を、脳活動の状態から正しく診断するよう支援するシステムを、国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)の川人光男・脳情報通信総合研究所長らが開発した。機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)で記録した1200人以上のデータを使い、うつ病の人に特徴的な脳活動パターンを特定。2021年度中に国に医療機器プログラムとして承認申請する。川人さんは「5年後に医療現場への普及を目指す。将来は幅広い精神疾患の治療にも役立ちそうだ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1168文字(全文1402文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集