連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

いま充実の歌集を読む=酒井佐忠

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小島ゆかりさん=井上卓弥撮影
小島ゆかりさん=井上卓弥撮影

 「現代は死を忘れた時代」との言葉を残した俳人・哲学者で毎日俳壇選者を務めた大峯あきらに、<降る雪に池田晶子を読み始む>の句がある。二人は何回か対談し、池田が亡くなってまもなく詠んだ俳句だ。「清冽(せいれつ)で透明な池田晶子の言葉が、雪片のように飛び交っている」と自解している。死についての思索や言葉の清冽さが薄れゆく現在に、二人の清らかな存在感を思い出す。

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1224文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集