特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

最初で最後の夏

京都国際・3年生の甲子園/上 諦めぬ「力無い世代」 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最後の夏に臨む京都国際の3年生18人=京都市東山区の京都国際高校グラウンドで2021年7月31日、中島怜子撮影
最後の夏に臨む京都国際の3年生18人=京都市東山区の京都国際高校グラウンドで2021年7月31日、中島怜子撮影

 10日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した第103回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援)に、京都国際が夏初出場を果たした。今春のセンバツで甲子園初出場・初勝利を飾り、実力を付けてきたチームだが、投打の主力は2年生。3年生の部員の多くは、ベンチやスタンドから後輩たちの活躍を見守る。京都国際の3年生に、甲子園最初の、そして最後の夏が訪れている。

 初めての夏の甲子園出場を懸けた、7月28日の京都大会決勝。継投などを含め、出場した京都国際の選手10人のうち、3年生は半分の5人。残りは2年生だ。3年生の部員は18人いるため、甲子園でも多くは聖地での活躍を夢見たまま、最後の夏を終える。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1192文字)

あわせて読みたい

注目の特集