特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

観光客大幅減なのに水難事故急増…沖縄に異変 コロナが影響?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
波を待つ大勢のサーファーたち=沖縄県北谷町で2021年8月4日午後4時37分、喜屋武真之介撮影
波を待つ大勢のサーファーたち=沖縄県北谷町で2021年8月4日午後4時37分、喜屋武真之介撮影

 沖縄県内で水難事故が増加している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って沖縄を訪れる観光客は大幅に減っているのになぜかと探ってみると、意外にもその理由の一因も新型コロナウイルスの影響だった。【竹内望/那覇支局】

 「沖に流されている、助けてくれ」。7月18日午後4時40分ごろ、沖縄本島南部・糸満市の海岸でスタンドアップパドルボード(SUP)をしていた県内在住の男性(40)が携帯電話でレンタル業者に助けを求めた。男性は10分前に息子(5)と海岸を出たばかり。午後6時10分ごろ、通報を受けた那覇海上保安部が糸満市の喜屋武(きゃん)漁港から西に約2・5キロの海上で漂流する親子を発見し、約15分後にヘリコプターで救助した。

 親子はライフジャケットを着用していたが初心者。当時は陸から沖に風速8メートルの風が吹き、約3キロ流された。那覇海保は男性だけでなく、レンタル業者に対しても風を勘案してSUPを貸し出すよう指導した。

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1668文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集