連載

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

連載一覧

翔べ!!V・ファーレン

サッカー 愛と平和と一生懸命 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リーグ中断前最後の試合で、V・ファーレン長崎はギラヴァンツ北九州に3-2で勝利した
リーグ中断前最後の試合で、V・ファーレン長崎はギラヴァンツ北九州に3-2で勝利した

 「その日の持つ意味は考えてほしい。クラブが発信している『愛と平和と一生懸命』というメッセージは、一つのフィロソフィー(哲学)でもあるので、そこを具現化するプレーをやりたいと思います」

 8月9日の長崎原爆祈念の日に、アウェーで開催予定だったツエーゲン金沢戦に向けた松田浩監督の言葉は実現できなかった。試合自体が荒天のために中止となったからだ。

 東京五輪による3週間の中断期間明けとなるリーグ再開初戦だったはずの金沢戦。2日に選手3人の新型コロナウイルス感染が発表されたことで、サポーターは選手起用に気をもんでいたのだが、そのメンバーが発表された後での中止決定である。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文689文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集