大きすぎるカフェの看板「乗っ取られたみたい」 茨城県立図書館

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
茨城県立図書館=水戸市三の丸1で2021年7月17日午前9時48分、小林杏花撮影
茨城県立図書館=水戸市三の丸1で2021年7月17日午前9時48分、小林杏花撮影

 7月にリニューアルオープンした茨城県立図書館(水戸市三の丸)を巡り、新たに整備したカフェを示す看板について、県に「大きすぎる」という趣旨の問い合わせが相次いでいることが分かった。カフェの導入を歓迎する利用者も多い一方、図書館よりもカフェが目立つ建物の外観に、県民からは「図書館がカフェに乗っ取られているようだ」という声が寄せられているという。

 県は2018年冬ごろ、県立図書館へのカフェ導入の方針を決定。19年12月~20年1月にプロポーザル方式で事業者を公募、選考を経て、20年2月に星乃珈琲店を運営する日本レストランシステムに決定した。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文722文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集