特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

今年はYOASOBIも! 大阪桐蔭吹奏楽部、3年ぶり夏の甲子園

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
梅田隆司さん(右)の指揮で演奏する大阪桐蔭吹奏楽部の部員たち=阪神甲子園球場で2018年8月20日午後1時39分、池田一生撮影
梅田隆司さん(右)の指揮で演奏する大阪桐蔭吹奏楽部の部員たち=阪神甲子園球場で2018年8月20日午後1時39分、池田一生撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催されている第103回全国高校野球選手権大会で、大阪桐蔭と東海大菅生(西東京)が1回戦で対戦する。対戦を前に注目を集めているのが、全国有数の大阪桐蔭吹奏楽部ブラスバンドだ。無観客開催となった今大会だが、1校当たり上限50人までの演奏が認められるため、アルプスススタンドに2018年夏以来の生演奏による「桐蔭サウンド」が帰ってくる。

 「練習であっても、演奏を聞くと血が騒ぐ。夏がやってきたな、と」。同校吹奏楽部の梅田隆司監督(69)はこう話す。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で春夏ともに甲子園大会が中止となり、今春のセンバツでもスタンドでのブラスバンド演奏が禁止され、事前収録した音源を流すにとどまった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文750文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集