つなぐ、戦争体験者の記憶 放送×SNS 久保田元アナ発案でTBS 孫世代が話を聞くきっかけに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左から)山岡陽輔さん、久保田智子さん、佐藤祥太さん=東京都港区で、松原由佳撮影
(左から)山岡陽輔さん、久保田智子さん、佐藤祥太さん=東京都港区で、松原由佳撮影

 15日は76回目の終戦の日。TBSは今年、新たな試みとして、放送とSNS(ネット交流サービス)を活用した「戦後76年プロジェクト つなぐ、つながる」を展開している。その一環で、数少なくなった戦争体験者に話を聞き、感じたことをSNSに投稿してもらうキャンペーンがある。発案者の元アナウンサーで報道局記者の久保田智子さん(44)は「(直接話を聞ける)最後のタイミングが近付いてきている。ぜひこの夏に戦争体験を聞いてもらいたい」と呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1738文字)

あわせて読みたい

ニュース特集