特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

侍ジャパン金に貢献 栗林投手の活躍掲示 出身の愛西 市役所に新聞記事など /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛西市役所1階で、五輪での栗林投手の活躍を伝える新聞記事などが展示されている=愛知県愛西市役所で2021年8月13日午前10時9分、加藤沙波撮影
愛西市役所1階で、五輪での栗林投手の活躍を伝える新聞記事などが展示されている=愛知県愛西市役所で2021年8月13日午前10時9分、加藤沙波撮影

 東京オリンピックで金メダルに輝いた野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーで、愛西市出身の栗林良吏投手(25)=広島=の五輪での活躍を伝える新聞記事などが、同市役所1階で展示されている。同市出身者の金メダル獲得は初めてで、市は栗林投手に初の市民栄誉賞を贈る見通し。

 栗林投手は愛西市立の小中学校に通った。五輪では新人で唯一選出され、抑え投手として5試合すべてに登板。決勝の米国戦では無失点に抑えて胴上げ投手となるなど、活躍が光った。

 市は8月10日に「栗林投手コーナー」を設置し、五輪での活躍や人柄などを伝える新聞記事を掲示。20年12月に栗林投手が市役所を訪れた際に、書いてもらったサイン色紙なども展示する。8月12日には、庁舎外壁に「祝 金メダル獲得!」などと書かれた懸垂幕も設置した。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文590文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集