特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラ、首都圏無観客 16日にも決定 学校観戦は実施へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロードプライシングが始まり普段より交通量が少なくなった首都高(下)と国立競技場=2021年7月19日午前9時56分、本社ヘリから
ロードプライシングが始まり普段より交通量が少なくなった首都高(下)と国立競技場=2021年7月19日午前9時56分、本社ヘリから

 24日に開幕する東京パラリンピックの観客について、緊急事態宣言が発令中の東京、千葉、埼玉の首都圏3都県では一般客を入れない方針であることが判明した。政府、都、大会組織委員会、国際パラリンピック委員会は16日にも4者協議などを開いて正式に決める。

 一方で、宣言が発令されておらず、まん延防止等重点措置にとどまっている静岡県は政府の基準に沿う形で「収容人数の50%以内かつ最大5000人」の観客を認める見通し。小中高校生らが学校単位で参加する「学校連携観戦プログラム」の活用は、各自治体の判断で実施する。

 大会関係者によると、16日にも4者協議を開き、都内の無観客開催を決定。その後に開く関係自治体等連絡協議会で、残る3県の対応を決める。これまでは国際オリンピック委員会(IOC)を含めた5者協議が行われていたが、今回、IOCは協議に加わらない見通しだという。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文758文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集