特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ラムダ株、公表遅れに批判 確認2週間後 「五輪そんたく」臆測も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪の開会式が行われたこの日、国立感染症研究所が国内初となるラムダ株を確認した=国立競技場で2021年7月23日午後10時38分、宮間俊樹撮影
東京五輪の開会式が行われたこの日、国立感染症研究所が国内初となるラムダ株を確認した=国立競技場で2021年7月23日午後10時38分、宮間俊樹撮影

 南米ペルー由来とされる新型コロナウイルスの変異株「ラムダ株」を巡る、政府の公表の経緯に批判が強まっている。日本国内で初確認されてから厚生労働省が明らかにするまでに2週間もかかったためだ。この間は東京オリンピックの開催期間と重なり「五輪に水を差さないためのそんたく」との臆測も広がる。公表を巡る問題点は何か、ラムダ株からどう身を守るべきか。専門家と考えた。【上東麻子/デジタル報道センター】

五輪期間中の未公表「隠蔽では」

 まずは経緯をおさらいしたい。厚労省や国立感染症研究所(感染研)などによると、日本国内で初めて見つかったのは7月20日、羽田空港に到着した30代女性からだった。女性はペルーに滞在歴があり、空港の検疫で新型コロナ陽性が判明。感染研が詳しく調べたところ、23日に国内で初めてのラムダ株と確認された。感染研は同日、厚労省に報告。26日には感染症の国際機関にも報告したが、公表していなかった。

 米ニュースサイト「デーリービースト」は8月6日、ラムダ株の日本国内の初確認について報道し「東京五輪後に発表する計画があった」とする感染研の研究者の証言を掲載。国内のスポーツ紙などが報道を引用する形で取り上げた。厚労省はこの日、報道機関の取材に対し、ラムダ株の初確認を認めた。感染研による初確認から2週間後のことで、7月23日から8月8日まで行われた東京五輪と期間が重なる。さらに閉幕後の8月13日には、この30代女性が東京五輪の大会関係者だったと共同通信が報じた。

 ツイッター上では「オリンピック中に公表すれば、中止の声が大きくなると考えたのではないか」(中島岳志・東京工業大教授)、「五輪が終わってから明らかになるというのは『隠蔽(いんぺい)』といわれても仕方がない」(共産党の志位和夫委員長)などと批判が噴出した。

 関係機関は、なぜ初確認を長期間公表しなかったのか。…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2570文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集