特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

苫小牧のアイスホッケー大会クラスター、主催者側対応を疑問視

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校選抜アイスホッケーのメイン会場になった白鳥王子アイスアリーナ=北海道苫小牧市若草町2で2021年8月14日午後1時13分、平山公崇撮影
高校選抜アイスホッケーのメイン会場になった白鳥王子アイスアリーナ=北海道苫小牧市若草町2で2021年8月14日午後1時13分、平山公崇撮影

 北海道苫小牧市の全国高校選抜アイスホッケーで発生したクラスター(感染者集団)は14日、新たに3人の陽性が判明し、生徒79人、教職員・コーチら14人の計93人に拡大した。緊急事態宣言下の地域からも参加者が来ており、専門家は大会前にPCR検査を実施しなかった主催者側の対応などを疑問視する。

 「知り得る限り、スポーツ大会に関係するクラスターでは最大規模ではないか」。北海道医療大の塚本容子教授(公衆衛生学)は、こう指摘する。

 大会は苫小牧市などが主催し、道内の10校と14都府県の16校・チームが参加した。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文624文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集