特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「平和の祭典」に住み家を追われた足元の人々 求められる福祉とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
荷物の撤去を求める警告書を受け取った山田修さん(右)=東京都内で2021年6月18日午前11時30分、木許はるみ撮影
荷物の撤去を求める警告書を受け取った山田修さん(右)=東京都内で2021年6月18日午前11時30分、木許はるみ撮影

 オリンピックのために、住み家にしていた東京・国立競技場の周辺を3度追われた野宿者がいた。閉幕後もかつての居場所はフェンスで囲われたままだ。五輪開催を理由に、各地の野宿者は排除されたり、移動を強いられたりした。「平和の祭典」は生活困窮者の日常を脅かした。【木許はるみ/デジタル報道センター】

57年後、自分が「排除」の対象に

 五輪開幕を約1カ月後に控えた6月18日、東京都が管理する国立競技場近くの緑地に都と大会組織委員会の職員4人が訪れた。長年、この緑地で野宿をしている山田修さん(64)は支援者に囲まれて職員を迎えた。

 組織委の職員は「ここにフェンスを建てさせていただきます」と告げ、都の職員は「警告」を山田さんに手渡した。そこには「この物件(荷物)は道路管理の支障となっているので、至急撤去してください」と記されていた。

 五輪期間中、競技場周辺は大会関係車両を通行させるため、組織委はセキュリティー確保の必要から辺り一帯をフェンスで囲おうとしていた。撤去期限は7月4日。山田さんの居場所がフェンスで囲われる前日だった。「また移動か」。山田さんは力なくつぶやいた。

 都内で生まれた山田さんは、父親に連れられて1964年東京五輪の陸上競技を旧国立競技場で観戦した記憶がある。「着席番号が決められていて、なんでそこに座らなきゃいけないんだって思ったよ」と冗談交じりに話す。当時の五輪も「首都美化」を理由にホームレス対策が行われた。57年後に自分が「排除」の対象になるとは想像もしなかった。

 高校卒業後、…

この記事は有料記事です。

残り3332文字(全文3982文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集